So-net無料ブログ作成
ストリングスホテル東京 ブログトップ

ストリングスホテル東京のバスルーム [ストリングスホテル東京]

既に簡単にはご紹介をしていますが、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルには、専用ラウンジはないものの特別なカテゴリに当たるクラブ・インターコンチネンタルがあり、その客室の中には、外の景色を眺めながらバスタイムを楽しめるビューバスのお部屋があります。
具体的なカテゴリとしてはランクが高いお部屋に集中していますが、「ザ・ピーク・スイート」及び「ザ・スイート」、そして「クラブインターコンチネンタル・プレミア・バスビュー」がビューバスのお部屋となります。
今回はスタンダードな客室のバスルームとビューバスを持つ「ザ・スイート」及び「クラブインターコンチネンタル・プレミア・バスビュー」のバスルームの比較を行なってみることにしましょう。


先ずはスタンダードなバスルームとして、「プレミア・コーナーツイン」のバスルームです。
洗い場付きのガラスで仕切られたバスルームですが、ジャグジー機能等の特別な機能はありません。
恐らく一般客室ではレイアウトの違いはあっても、このバスルームが標準だと思われます。


バスタブの一方が丸くゆとりを取らせているので、割とゆったりと出来るバスタブです。
洗面台側にテレビ音声を流す事ができるボリュームスイッチがあるのですが、バスルーム内ではガラスで仕切られている為、あまり聞き取れない欠点があります。


こちらは「クラブインターコンチネンタル・プレミア・バスビュー」のバスルームです。
バスタブはビューバスのみならずジャグジー機能があります。
ビューバスタイプでも窓の位置がバスタブより高い場合、お湯に浸かると景色が見えにくくなる事がありますが、このバスルームは十分に視界の良いバスルームです。
但し、ベッドルームは正直言って狭く、万人には薦められないカテゴリでもあります。


バスルームから眺める景色はベッドルームと同じくレインボーブリッジ側ですが、残念なことに近年建設が進むビルに遮られレインボーブリッジ全体を見渡すことは出来ず、港湾独特の建物が多いのが特徴です。
眼下は品川駅のロータリーで人の行き来を見れたり、車庫に向かう新幹線の姿を見ることが出来ます。


こちらは、「ザ・スイート」のバスルームです。
構造的な要因なのか、洗い場は「クラブインターコンチネンタル・プレミア・バスビュー」より狭いのが特徴です。


もちろんジャグジー機能があります。
「ザ・スイート」と「ザ・ピーク・スイート」のバスルームは品川駅方向にあり、眼下に走る鉄道が模型の様に走り回る姿を見ることが出来ます。
ちなみに、「ザ・スイート」と「ザ・ピーク・スイート」のバスルームは共通の様です。
ビューバスの欠点としては、やはりガラスが曇りやすい点ですかね。


バスアメニティはANAホテルズ ・オリジナルバスアメニティの「ラ・テデュール」を使っています。
割と人気の高いアメニティの様ですよ。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の空室検索・ご予約はこちら

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストア

また本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧下さいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのロビー空間 [ストリングスホテル東京]

最近、吹き抜け構造のロビー空間を持つホテルをよく見かけます。
「京都ブライトンホテル」の様に以前から取り入れているホテルもありますが、近年の傾向として、高層ビルの高層階にロビーを配置し、大胆な吹き抜けで魅了されるようなレイアウトを持つホテルも多くなりました。
その中でも特に感心をしたのが「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のロビー空間です。
品川駅港南口の目の前にある品川イーストワンタワーの26階以上がホテルになっており、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のロビーやフロントは26階にあります。
26階はロビーとフロント、フレンチレストラン「ザ・ダイニング」、チャイニーズレストラン「チャイナシャドー」、フィットネスジム、ビジネスセンター等、客室以外の要所が集中しているフロアです。
客室は27階以上ですが建物の外周を沿う様に配置しており、中央は空間となって何もありません。
つまりロビーは26階にありながら最上階に至るまで、吹き抜けの構造になっているのです。
ロビーは洒落ていて運河の様に至る所で水を感じ、中央にはガラスの橋があってとても素敵です。


左手がガラスの橋。右手がフレンチレストラン「ザ・ダイニング」

客室階や専用エレベーターからロビー全体を見渡すことが出来ますが、26階の客室専用エレベータホールの入口には、客室キーが無いとは入れないセキュリティがあり、宿泊者以外はロビーを上から望むことは出来ません。
「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」にお泊りの際は、宿泊者の特権として客室専用エレベータや客室階の廊下からロビー空間を眺めてみてくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の空室検索・ご予約はこちら

また本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧下さいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのお部屋 [ストリングスホテル東京]

8月27日に「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の話題をしましたが、EVA-CHINがオススメするお部屋は一体どのタイプと思われますか?
もちろんスイートを取り上げたいところですが、スイートは手軽に泊まれるお部屋ではないので、今回は除外いたします。
EVA-CHIN本人の好みで言ってしまいますが、実は「プレミア・コーナーツイン」がオススメしたいお部屋なのです。
ここで注意して頂きたいのが「クラブ インターコンチネンタル」ではなく、一般客室の「プレミア・コーナーツイン」と言う点です。
その理由は景色が大きく関係してきます。
「プレミア・コーナーツイン」のお部屋は共通して2方向に大きな窓を持つ開放的なお部屋ですが、1フロアに「プレミア・コーナーツイン」と「クラブ インターコンチネンタル・プレミアコーナーツイン」の各1部屋しかなく、レイアウト上、建物から出窓の様に少し飛び出た位置にあります。


「プレミア・コーナーツイン」。角部屋の特性を上手に生かしたお部屋です。


「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の非難経路図。
「10」番と「28番」はプレミアコーナーツインタイプですが、
20番台は「クラブ インターコンチネンタル」です。
ご覧の通り建物から飛び出た様なレイアウトになっており、
「10」番の「プレミア・コーナーツイン」の景色の良さを証明しています。
ちなみに0番台と30番台は対面がビルなので景色は今一歩です。
20番が赤くなっていますが、当時宿泊したお部屋なので気にしないで下さい。

一般客室とクラブ インターコンチネンタルのサービスの差はありますが、それ以上に、「プレミアコーナーツイン」から眺める景色は、このお部屋を選ぶ価値があるのです。
「クラブ インターコンチネンタル」は確かにレインボーブリッジ側を眺める事はできますが、「クラブ インターコンチネンタル・プレミアコーナーツイン」の窓は2方向にある為、同時に品川インターシティのビル側にも当たり一方の景色はあまり良くありません。
またレインボーブリッジ側といっても目の前にレインボーブリッジがある訳ではなく、港湾地区独特な建物の後ろにレインボーブリッジがあり、近年高層マンションの建設ラッシュも重なって、正直言いがたいのですが。。余り美しくはありません。


ご覧の通りレインボーブリッジ側ですが、マンションに大分邪魔をされます。(31階から撮影)

しかし「クラブ インターコンチネンタル・プレミアコーナーツイン」の裏側にある「プレミアコーナーツイン」は、何も景色を遮られる事無く、御殿山から六本木近辺まで見通すことが出来、眼下には品川駅と品川車両基地があって列車が鉄道模型の様に走り回っているのです。
このお部屋タイプはツインの設定しかなく、「クラブ インターコンチネンタル」のサービスを受けることは出来ませんが、景色の点では「クラブ インターコンチネンタル」以上だと思いますよ。
EVA-CHINの個人的な意見になりますが、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のおススメのお部屋をご紹介してみました。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の空室検索・ご予約はこちら

また本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧下さいね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル [ストリングスホテル東京]

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」では、「クラブ インターコンチネンタル(旧ザ・クラブ)」と言うカテゴリーを持ったお部屋があります。
一般のお部屋とは差別化した上級のサービスを受けられるため「特別フロア」と言いたいのですが、「クラブ インターコンチネンタル」は全ての客室階にあって、エグゼクティブフロアの様な「フロア」の表現はちょっと当てはまりません。
それでは「クラブ インターコンチネンタル」の客室は、一体何処にあるのでしょうか。

実は「クラブ インターコンチネンタル」に共通する点は部屋の方向、つまり景色にあります。
レインボーブリッジを望む全ての客室が「クラブ インターコンチネンタル」に割り当てられており、客室階の27階から32階の北東側が全て「クラブ インターコンチネンタル」になっています。
そのため「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」でレインボーブリッジを望むお部屋に泊まりたい場合は、必然的に「クラブ インターコンチネンタル」を選ぶ必要があるのです。


スイートは角部屋なので、レインボーブリッジ側と品川駅側の景色を楽しめます。

「クラブ インターコンチネンタル」は特別なカテゴリーのお部屋ですが、実はエグゼクティブラウンジの様な専用ラウンジを設けていません。
その代わりに客室の冷蔵庫内にある飲み物はシャンパンを含め無料になったり(クォーターサイズですが・・)、ターンダウンサービスがあったりして、一般客室とは差別化を図っています。
そこで最も有名なのがターンダウンサービスの際にベッドの上に置かれる「テディベア」です。
クラブテディと呼ばれるテディベアはなかなかの大きさがあり、一定の周期でデザインも変更され、もちろんお持ち帰りも出きる人気のテディです。


「ストリングスホテル東京」オープン時の初代クラブテディ。


開業3周年記念クラブテディは、2000個限定シリアルナンバー付き。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の「クラブ インターコンチネンタル」にリピートして、テディベアを集める人もいる位人気なんですよ。
EVA-CHINは「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のテディベアを2つ頂きましたが、確かに色々なデザインのテディが欲しくなってしまいますね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の空室検索・ご予約はこちら

また本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では、「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧下さいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ストリングスホテル東京 ブログトップ