So-net無料ブログ作成
検索選択
フォーシーズンズ丸の内東京 ブログトップ

フォーシーズンズホテル丸の内のアッカカッパ [フォーシーズンズ丸の内東京]

先日、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のバスアメニティの移り変わりをご紹介した際、現在のバスアメニティはイタリアの高級ブランド・「アッカカッパ」とご紹介しました。
EVA-CHINは「フォーシーズンズホテル丸の内東京」はスタンダードルームしか宿泊していないので通常のアメニティだと思ったのですが、先日発売された日経トレンディ12月号の「ホテル特集 211ページ」では、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のバスアメニティは「ロクシタン」で紹介されています。
同じフォーシーズンズブランドである「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」では、スタンダードが「ロクシタン」、スイートが「アッカカッパ」となっており、もし「フォーシーズンズホテル丸の内東京」が同じ形態をとっていたのであれば、雑誌の取材後にバスアメニティが変更されたのか、EVA-CHINがラッキーだったのか、一体どちらなのでしょうか?


イタリアのブランド「アッカカッパ」。
EVA-CHINが宿泊した際は、このバスアメニティだったのですが・・・・


こちらは「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」の「ロクシタン」。
確かに2回目の「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊の時は「ロクシタン」でした。


詳しくは「日経トレンディ12月号」の211ページをご覧下さい。

ところで、最近EVA-CHINがいつも利用している高級ホテル予約サイトの「一休.com」では、この「アッカカッパ」のバスアメニティのセットが販売されています。
そのお値段は驚きの「3150円」。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」で置かれていたのと同じシャンプー、コンディショナー、バスジェル、ボディローション(各30ml)、洗顔石鹸、バス石鹸がセットになっています。
流石は高級ブランドと思いますが、こんなに高いアメニティとは知らなかったので、お持ち帰りをしたEVA-CHINはちょっと得した気分なのでありました。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のスタンダードなバスアメニティが「ロクシタン」なのか「アッカカッパ」なのか。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズホテル丸の内東京のカードキー [フォーシーズンズ丸の内東京]

先日、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のバスアメニティの移り変わりをご紹介しましたが、バスアメニティ以外でも宿泊の度に異なっていたものがありました。
タイトルから想像が出来るかと思いますが、客室に入るために欠かせないお部屋の鍵も、実は3度宿泊して3度とも異なっていたのであります。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」はカードキーを採用しているのですが、カードキーはデザインをする事が可能なので、初めて宿泊するホテルではどの様な模様なのか結構EVA-CHINは楽しみにしています。
で、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」ですが、初めて宿泊した際にはご覧の様なカードキーでした。

ホルダーは正に東京と言う感じですが、何とも味気ないデザインのキーですよね。
しかし2回目の宿泊では、次の様なデザインに変わっておりました。

「日本の祭り」のイメージでしょうかね?
日本の文化を強調している感じで、なかなか良い絵柄です。
そして3回目の宿泊では・・・・

「茶畑」と「舞妓さんの後姿」の絵柄になっております。
ご紹介したカードキーの他にも異なる絵柄があるのでしょうか?
カードキー一つにしても、色々とホテルの特徴が出てくるものです。
今度は各ホテルのカードキーを比較してご紹介するのも、面白そうですね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズホテル丸の内東京のプレミアルーム [フォーシーズンズ丸の内東京]

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」にあるプレミアルーム。
ホテルの南側に面するお部屋でツインしか無いと思っていましたが、公式サイトを見ると「キングサイズベッド又は2クイーンサイズベッド」と書かれており、キングサイズもあるとは知りませんでした。
もしどなたかご存知の方は、是非EVA-CHINに教えてくださいね。

さて、南側に面するプレミアルームにも角部屋があるのですが、狙い目は9月19日にもご紹介した通り線路側のお部屋です。(南西の角部屋)


新幹線を見るのに最適なお部屋です。

このお部屋の面白い特徴はメチャクチャ長いお部屋の廊下と大きなガラス窓、そしてバスタブから眺められるビミョーな景色です(笑)。
このお部屋のカーテンは電動で動きますが、ご覧の通りガラス面積は広いので結構時間が掛かるのが特徴です。


扉を開いて歩いてきても・・・・


L字に曲がって奥にベッドルームがあります。
カーテンが掛かっている部分も実はガラス窓。


バスタブから眺める景色・・・・何故かあまり感動はしないですね(笑)。

スーペリアキングでは廊下は窓に面していないので、この様な景色は眺められません。
ある意味貴重なバスルームですね。
最近、東京駅側(北側)にもビルが建ち、更に景色が厳しくなった「フォーシーズンズホテル丸の内東京」。
しかし景色に頼らずとも非日常を感じるホテルの実力は流石です。
EVA-CHINもまだまだリピートしたいホテルであります。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズホテル丸の内東京のウェルカムサービス [フォーシーズンズ丸の内東京]

9月14日に「ザ・リッツカールトン大阪」のウェルカムサービスを書いたのですが、実は「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のウェルカムサービスも楽しみにしている一つです。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」はまだ3回しか宿泊していませんが、初めて宿泊した時にはフルーツを頂き、その後のステイにもウェルカムサービスを頂きました。
全て最初からお部屋にセットされていましたがウェルカムで頂くフルーツやお菓子はとても嬉しく、EVA-CHINの場合は壁紙用の写真のアクセントに使える事もあって、実は2度美味しいサービスなのであります。


初めて宿泊した時はフルーツでした。
お部屋に入るとフルーツの心地よい香りがお部屋に充満してましたね。


2回目の宿泊の時は、洒落た焼き菓子でした。
そのままでも美味しかったのですが、ソースを付けると一層美味でしたよ。


3回目の宿泊の時はフルーツとクッキーでした。
2つも貰えると思いませんでしたね。

この様なサービスは嬉しいのですが宿泊を重ねれば頂けるケースもある様で、EVA-CHINも色々なホテルをリピートしてウェルカムサービスを比較してみたいものですね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズホテル丸の内東京のバスアメニティ [フォーシーズンズ丸の内東京]

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」のバスアメニティは、現在イタリアのブランドである「アッカカッパ」を使用しています。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」がオープンした直後はブルガリがバスルームに置いてありましたが、暫くしてロクシタンに変わり、現在のアッカカッパへと変化していきました。
同じフォーシーズンズブランドである「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」でも同じ様な動きがあり、当初はブルガリだったバスアメニティはロクシタンに変わり、スイートではアッカカッパを採用している様です。
この様にブランドの変更はフォーシーズンズホテルに限らず割とあるもので、同じホテルでも異なるバスアメニティを楽しめるいい機会かも知れません。


オープン当初はブルガリのバスアメニティでした。


2004年に宿泊した時は、ロクシタンに変わってました。


2007年ではアッカカッパに変わっています。

話は変わりますがホテルのバスアメニティを、自宅の洗面台などに飾ってみたくなった事はないでしょうか。
ホテルでの使いかけでは何となく飾り難い気分だと思いますし、やはり新品の方が綺麗です。
この様な時は、宿泊前に本サイトや当ブログの様な個人サイトを活用して事前に情報を調べておくと便利です。
個人サイトでも、どのホテルにどの様なバスアメニティが置いてあるのか等、結構細かく紹介をしている事があります。
もし欲しいバスアメニティであれば、旅行用や試供品などのシャンプーやコンディショナーを持参して、未使用でバスアメニティを持ち帰るのも手ですね。
ホテルでの非日常間は若干薄れるかもしれませんが、自宅でホテル気分を長く楽しめるかも知れませんよ。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズホテル丸の内東京 [フォーシーズンズ丸の内東京]

東京駅八重洲口近くに、スモールラグジュアリーホテルがある事をご存知でしょうか。
そのホテルの客室数は僅かに57室。
世界的有名な高級ホテルチェーン・「フォーシーズンズホテル」が実は東京駅近くにあるのです。
「フォーシーズンズホテル丸の内東京」は2002年10月に、東京八重洲の「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」にオープンしたホテルです。
ビルは32階建ての高層ビルですが、面白い事にビルの1階の一部(エントランス・エレベーターホールのみ)と3階~7階の低層フロアに「フォーシーズンズホテル丸の内東京」があります。
フロント、ロビー、レストラン、フィットネスジムは7階にあり、レストランは「EKKI」と呼ばれる1店だけです。
客室も3階~6階と低いものの一番小さいスーペリアキングでも広さが44平米あり、ベッドルームにはプラズマテレビ、バスルームにはアッカカッパのバスアメニティが揃う高級ホテルなのです。
そして「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の特筆すべき点は、低層階故の景色があります。
壁一面がガラス窓である客室で西側(線路側)がアサインされると、一部の方々には大変嬉しい景色を望むことが出来るのです。


どうです?近いでしょう。
プレミアルームで角部屋にアサインされれば、さらにワイドで楽しめます。


恐らく日本一新幹線に近いだろうと思われる高級ホテルですね。


新幹線を眺めながら、ルームサービスを頂くのも乙のものです。

このホテルの景色のポイントは「線路側」をリクエストする事で、線路側以外の景色は対面にビルがありお薦め出来ませんので注意してくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル丸の内東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


フォーシーズンズ丸の内東京 ブログトップ