So-net無料ブログ作成

コンラッド東京の朝食 [コンラッド東京]

EVA-CHINが今まで食べた朝食の中で、一番好きなホテルは何処でしょうか。
もちろんレストランだけ、ルームサービスだけと利用状況はまちまちですが、レストランならば「コンラッド東京」の「セリーズ」、ルームサービスならば「マンダリンオリエンタル東京」が一番好きです。
「マンダリンオリエンタル東京」のルームサービスは後日にするとして、今回は「コンラッド東京」に焦点を当ててみましょう。

「コンラッド東京」は2005年7月に東京・汐留にオープンしたヒルトングループの最高級ブランドのホテルです。
日本でのコンラッドブランドのホテルは汐留しかなく、ロビー階である28階に「セリーズ」があります。
「セリーズ」は「ゴードン・ラムゼイ」のファインダイニングに隣接するブラッセリーで、「ゴードン・ラムゼイ」とは、ミシュランの星を合計10個所持するロンドンの伝説的シェフの名前です。
朝食の営業時間は午前7時から10時30分(日曜日は11時)で、メニューはコンチネンタルブレックファースト(2800円)とイングリッシュブレックファースト(3400円)の2種類を選べます。
コンチネンタルはブッフェ式で豊富な種類のパン、ハム、チーズ、野菜、フルーツ、シリアル、ヨーグルト、面白い所で蕎麦や温泉卵等がありますが、イングリッシュブレックファーストを選ぶと、このブッフェに加えソーセージやベーコン、マッシュルーム、焼いたトマト等を付け合せにした温かい卵料理を選ぶことが出来ます。

その卵料理の中で是非選択してみたいのが「エッグ・ベネディクト」。
オススメしておきながらEVA-CHINは頂いた事が無く、正直詳細が分かりません。(無責任でしょ?)
テレビでも紹介されたようですが、実は最近まで知らなかったんですよね・・・・。
なので今回は「エッグ・ベネディクト」の写真をお届けできませんが、また「セリーズ」を利用する機会があったらお届けしますね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「コンラッド東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「コンラッド東京」の宿泊記を公開しています。
詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧下さいね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0