So-net無料ブログ作成

ザ・ペニンシュラ東京のルームサービス(朝食) [ザ・ペニンシュラ東京]

「ザ・ペニンシュラ東京」のオールダイニング「ザ・ロビー」で朝食を頂くのも良いですが、折角宿泊したのならばお部屋で優雅にルームサービスを利用するのも良いものですよね。
今回は「ザ・ペニンシュラ東京」の朝食で頂けるルームサービスをご紹介したいと思います。
一般的なセットメニューでご紹介すると、「ザ・ペニンシュラ東京」では「コンチネンタルブレックファスト(2800円)」とアメリカンブレックファストに相当する「ザ・ペニンシュラブレックファスト(3800円)」、そして「和朝食(3900円)」があります。
料金はそれぞれに記載した通りですが、加えてデリバリーチャージとして料金の10パーセントが加算されます。

ちなみに「ザ・ペニンシュラブレックファスト」の構成は・・・
■フレッシュジュース
(オレンジ・グレープフルーツ・アップル・キャロット・トマト・本日のジュース)
■パン
(クロワッサン・デニッシュ・ブリオッシュ・マフィン・ハードブレッド・トースト)
■ベリーヨーグルトと自家製グラノラ
□卵(お好みの調理法で)をベーコン・ハム・ソーセージ・仔牛ソーセージのいずれかと共に
又は
□クラシックフレンチトースト
又は
□キャラメルバナナ風味のフレンチトースト
ドライフルーツとホイップクリームを添え
■コーヒー又は紅茶
になっています。

「和朝食」の構成は・・・・
■フレッシュジュース
(オレンジ・グレープフルーツ・アップル・キャロット・トマト・本日のジュース)
■向付、焚き合せ
■酢の物、本日の焼き魚、焼き海苔
■白飯、赤だし、お漬物
■季節のフルーツ
■コーヒー又は日本茶
になっております。

参考にしてくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ザ・ペニンシュラ東京」の空室検索・ご予約はこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

をご覧くださいね。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 5

rinママ

ルームサービスなんて素敵ですね~♪
朝食付きのプランだったのですが お願いしたら何とかなるでしょうか?
お願いしてみる価値大ですね!
○休で予約したのに 宿泊係さんから メール頂いて 大変喜んでしまいました。ちょっと慣れてないものですから。。。(笑)
こなれた雰囲気で行きたいですが。。。
無理 無理!
EVA-CHIN さんの所で よーく修行してから
飛行機に乗ることに致しま~す。
ありがとうございます♪
by rinママ (2007-10-27 20:05) 

eva-chin

rinママさん、こんばんは。
EVA-CHINはいつも「一休.com」から予約を取るのですが、今回は朝食無しのプランだったので迷わずルームサービスをお願いしました。
でも「ザ・ロビー」での朝食も、きっと素敵だと思いますよ。
by eva-chin (2007-10-28 20:47) 

A guest at THE PEN TOKYO

EVA-CHIN さん、今晩は。A guest at THE PEN TOKYO です。
最初の2回のステイはルームサービスだったのですが、3回目は「ザ・ロビー」で朝食を頂きました。
幸い空いていたのですが、休日等はかなり混雑するとのことで、10月中旬頃からヘイフンテラスでブッフェを開始したそうです。
ここも時間帯によってはかなり混雑するらしく、人混みが苦手な方はやはりルームサービスがお薦めですね。
EVA-CHIN さんがルームサービスを選択されたのは正解だったと思います。
by A guest at THE PEN TOKYO (2007-11-14 03:57) 

eva-chin

A guest at THE PEN TOKYO さん、こんばんは。
レストラン情報まで提供して頂き、ありがとうございます。

EVA-CHINは人混みが苦手ですので、ルームサービスを選択したのは正解だったと思っています。
和朝食も同時に楽しむ事ができましたしね。
それにしても、10月中旬頃から始まったイフンテラスのブッフェは、ちょっと興味がありますね。
こちらは休日だけなのでしょうか?
by eva-chin (2007-11-14 22:29) 

A guest at THE PEN TOKYO

EVA-CHIN さん、今日は。A guest at THE PEN TOKYO です。
ブッフェの件、確認はしていないのですが、おそらく毎日だと思います。「ザ・ロビー」の席数そのものは160前後だったと思いますが(うろ覚えで自信がありませんが)、4人用のテーブルが多く、テーブルの数としては50に満たないと思います。相席は絶対させませんので、1人でも1テーブルを占有する形となり、時間帯によっては待つこととなってしまうのだそうです。
流石にアフタヌーンティーの時間よりは回転が速いとのことですが。
近々またステイの予定なので聞いておきますね。
by A guest at THE PEN TOKYO (2007-11-16 12:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0