So-net無料ブログ作成

フォーシーズンズホテル椿山荘東京のバスルーム [ホテル椿山荘東京]

EVA-CHINは「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」へはスタンダードルームの宿泊しかないのでスイートと比較が出来ないのですが、「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」のバスルームはベージュ色の大理石をあしらった重厚感ある空間を持ち、非日常的なバスタイムを楽しむ事ができます。


「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」のバスルーム。
左から、シャワーブース、バスタブ、洗面台です。


石鹸の横に「バスタブのお湯は3分で満水になりますのでご注意ください」の案内があります。
ちなみに以前は、「満杯」の表現でした。細かすぎ?(笑)

バスルームは、洗面台、バスタブ、シャワーブース、トイレで構成されていますが、トイレは個室になっており、洗面台の上には小さなテレビも置かれています。


トイレはご覧の通り個室です。個室ではないと、落ち着かないですよね。

EVA-CHINの印象上、バスルームはリニューアル後も変わった様子はなく、シャワーブースはありますがレインシャワーは備えず、テレビも小型ブラウン管タイプで、少し年代を感じてしまう代物です。


シャワーブースです。今、流行のレインシャワーはありません。


バスルーム内のテレビは洗面台の上にありますが、画面が小さくちょっと古めですね。
バスルームのテレビはリニューアル後も変わりません。

スタンダードルームのバスアメニティは「ロクシタン」でスイートは「アッカカッパ」と聞いていますが、実は当初、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」と同じく「ブルガリ」だった経緯を持っています。
当時、スタンダードルームでの「ブルガリ」は貴重な存在でしたが、EVA-CHINが2度目に宿泊した2004年には、「ロクシタン」に変わっておりました。


当初のバスアメニティはブルガリで、結構話題でした。


今現在、スタンダードルームはロクシタンです。


実はアメニティのパッケージデザインも変わっています。こちらは変更前です。


変更後はダークグリーンとなって、格好よくなりました。

バスルームは少しながら年代を感じますが、広さはあるのでゆったりとバスタイムを楽しめます。
でも更にリニューアルを行う際は、バスルームも大きく改造して欲しいものですね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」の空室検索・ご予約はこちら

また、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」では「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」の宿泊記を公開しています。

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>

を、ご覧下さいね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0