So-net無料ブログ作成

ナチュラルコンフォートフロア [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

本サイトはこちら。 EVA-CHIN.com <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>


いやぁ、気付かなかったですねぇ。
2011年10月以来宿泊していないリーガロイヤルホテル。
「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の2つの特別フロアがあったのですが、いつの間にかに変更があったようです。
最高級のクオリティでおもてなしを行う「ザ・プレジデンシャルタワーズ」には変更点がないのですが、変わってしまったのは「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」。
ネーミングも「ナチュラルコンフォートフロア」と改称されたのは2012年4月の様です。
客室は「花」「空」「海」「森」をイメージしたお部屋は変わらないものの、ラウンジの形態が大きく変更されてしまいました。
基本は飲み物提供で、飲み物のお供になるのはクッキー等の簡易的なものの様です。
朝食の提供も無くなり、「REMONE」や「なだ万」などの組み合わせで宿泊プランになっている事が多い様です。

01_10_top1.jpg
(フロア空・ルーム森のスイート)
ベッドレイアウトが斜めのスイートは好きでしたね。
バスルームのバスタブも丸型で大きく、バスブローやテレビが付いています。

01_10_top2.jpg
(フロア森・ルーム森のスイート)

この変更で14階~18階のデラックスフロアも、19階ラウンジを使用できるようになっています。
つまりデラックスフロアの14階からナチュラルコンフォートフロアの22階までを19階のラウンジでカバーする訳ですね。

01_10_top3.jpg
19階・ナチュラルコンフォートタワーズ時代のラウンジ

これだけ利用できる客室が多くなると、サービスの提供も軽くするしかないのかも知れません。
差別化が大きくなる現代において、中間の存在は難しいのかも知れませんね。
鉄道で例を挙げれば、昔の国鉄時代では普通・急行・特急の分かれ方でしたが・・・
現在では急行が消滅し、普通・快速・特急が基本です。
急行だった「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」は快速の「ザ・ナチュラルコンフォートフロア」になった感があります。

でも最上級フロアである「ザ・プレジデンシャルタワーズ」は変わりません。

01_10_top4.jpg
(スタイリッシュ エグゼクティブスイート)

スタイリッシュとヨーロピアンクラシックがある「ザ・プレジデンシャルタワーズ」。
こちらはいつまでも、存在していて欲しいですね。

01_10_top5.jpg

和食が充実している専用ラウンジの存在は貴重です。

憧れのホテルにあなたも泊まってみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちら。

「リーガロイヤルホテル ザ・プレジデンシャルタワーズ」の空室検索・ご予約はこちら。

欲しかったホテルブランドのアイテムを自宅で楽しめます!
一休.comショッピング

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。



また、本サイトである「EVA-CHIN.com」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。
詳しくは・・・

EVA-CHIN.com <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0