So-net無料ブログ作成
リーガロイヤルホテル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

リーガPT 専用ラウンジの朝食 [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

リーガロイヤルホテルの特別フロアの一つ「ザ・プレジデンシャルタワーズ」。
先日から同フロアのご紹介をしていますが、今回は専用ラウンジをご紹介したいと思います。
ザ・プレジデンシャルタワーズの専用ラウンジはレセプションと同じ23階にあり、営業時間は午前7時から21時までですが、1日4回のフードプレゼンテーションを行っています。

朝食(7:00~10:00)
ティータイム(11:00~14:00)
アフタヌーンティー(14:00~16:00)
アベリティフタイム(17:00~21:00)

この中で特にご紹介したいのが、朝食の時間帯ですね。
特別フロアの専用ラウンジとしては珍しく和食が充実しており、平日でもシェフが目の前で卵料理を作ってくれます。

08_08_top1.jpg
ゲストの姿がありませんが、朝食の時間帯に撮影しています。
窓の近くにはシェフがいて、卵料理をリクエスト通り作ってくれます。

08_08_top2.jpg
「ザ・プレジデンシャルタワーズ」の朝食は、和食の充実が特にすばらしいですね。

08_08_top3.jpg
シェフが卵料理を調理してくれますが、和食に合う出し巻き卵もあります。

08_08_top4.jpg
煮物や焼き魚です。

08_08_top6.jpg
御新香も、もちろんありますよ。

08_08_top5.jpg
ちなみにEVA-CHINは、シェフに目玉焼きを頼んでみました。

もちろん、洋食も用意されています。
料理は日によって異なりますので、ご了承くださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガPT・NC スイートのバスルーム比較 [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

先日、リーガロイヤルホテルの特別フロアの一つ「ザ・プレジデンシャルタワーズ」・デラックスツインの比較を行いましたが、今回はスイートにあるバスルームのお話です。
本来ならば、スタイリッシュラグジュアリーとヨーロピアンクラシックのスイートで比較するべきなのですが、残念ながらヨーロピアンクラシックのスイートの宿泊経験がEVA-CHINにはなく、今回は「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」のスイートと比較したいと思います。

先ず「ザ・プレジデンシャルタワーズ」です。
エグゼクティブスイートとコーナースイートのタイプがあるのですが、今回はコーナースイートのバスルームをご紹介します。

08_05_pt1.jpg

「プレジデンシャルタワーズ」・コーナースイートのバスルームです。
質感は良いですが、ダブルシンクではありません。
お風呂は洗い場付きです。

08_05_nc1.jpg

続いて、「ナチュラルコンフォートタワーズ」のフロアテーマ森・ルームテーマ森、コーナースイートのバスルームです。
ナチュラルコンフォートタワーズの方が後に出来た為か、洗面台はダブルシンクになっています。
シンクのデザインもガラスで素敵ですね。
お風呂場は「プレジデンシャルタワーズ」・コーナースイートと同様に洗い場つきです。

08_05_pt2.jpg

「プレジデンシャルタワーズ」・コーナースイートのバスタブです。
バスタブは下から泡が吹き出すバスブロー付きですが、形を覚えといて下さいね。

08_05_nc3.jpg

「ナチュラルコンフォートタワーズ」・コーナースイートのバスタブです。
バスタブの形は丸く、先ほどのバスタブよりも明らかに広いです。
もちろん、バスタブは下から泡が吹き出すバスブローの機能が付いています。

08_05_pt3.jpg

こちらは「プレジデンシャルタワーズ」・コーナースイートのバスルームにあるテレビです。

08_05_nc2.jpg

こちらは「ナチュラルコンフォートタワーズ」・コーナースイートのバスルームにあるテレビです。
チャンネル数は同じですが画面はこちらの方が大きいですね。
やはりハード面で考えると、後発となった「ナチュラルコンフォートタワーズ」のスイートの方が進んでいる気がしますね。
ただ、以前ご紹介した様に「プレジデンシャルタワーズ」ではエルメスのアメニティがあるなど、サービスの面で差別化はされています。

どちらにしてもバスブロー付き、テレビ付きで、非日常を楽しめるバスルームです。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガPTのデラックスツイン比較 [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

最近、リーガロイヤルホテルの「ザ・プレジデンシャルタワーズ」に関した情報を書いていますが、実は今回も「プレジデンシャルタワーズ」です。
既にご紹介した通り「ザ・プレジデンシャルタワーズ」には「スタイリッシュ・ラグジュアリー」と「ヨーロピアン・クラシック」の2つのタイプがありますが、共に「デラックス・ツイン」のお部屋が存在します。
ベッドルームの雰囲気は全く異なっており、好きなタイプを選べる楽しさがありますね。

07_25_top1.jpg

ヨーロピアンクラシックのデラックスツイン。
広さは49平米。窓が2つある横長タイプです。

07_31_luxury_bedroom.jpg

スタイリッシュ・ラグジュアリーのデラックスツイン。
広さは41平米。実にモダンな装飾です。

印象として、ベッドルームの広さ自体はあまり変わらない気がしますね。
スタイリッシュの方が今時の雰囲気を持ちますが、バスルームに関しては全く異なります。

07_31_clasic_bathroom.jpg

ヨーロピアンクラシックのバスルーム。
洗面台、バスタブ、シャワーブース、個室のトイレで構成されています。

07_31_clasic_toire.jpg
やっぱり個室は落ち着きますね。

一方、 スタイリッシュ・ラグジュアリーのバスルームはこちらです。
07_31_luxury_bath3.jpg
取り合えずバスタブの写真ですが、洗面台、バスタブ、トイレの一般的な構成をしています。
ちなみにバスタブの隣りはトイレです。

07_31_luxury_bath2.jpg
トイレは洗面台とバスタブに挟まれた位置にあります。

07_31_luxury_bath1.jpg
洗面台です。

スタイリッシュのバスルームはちょっと昔の雰囲気ですね。
バスルームを含めてお部屋の選択をするならば、皆様はどちらのデラックスツインを選びますか?
ちなみに値段設定に関しては、ヨーロピアンクラシックの方が高めとなっています。

「スタイリッシュ・ラグジュアリー」のテイストを持つお部屋は、「ナチュラルコンフォートタワーズ」を含めてスイート以外のバスルームは少し弱い感じを受けます。
ちなみにスイートならば、十分満足できるグレードですよ。
こちらのお話は次回にしようかな。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガPTのデラックスツイン(クラシック)のテレビ [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

前回、ご紹介した「リーガロイヤルホテル」の特別フロア「ザ・プレジデンシャルタワーズ」のデラックスツイン・ヨーロピアンクラシックスタイル。
最後にテレビで気になる点がある事に触れましたが、今回はこの事について書きたいと思います。
ヨーロピアンクラシックのデラックスツインは広さ49平米でスタイリッシュラグジュアリーよりも広く、お部屋の形は「凹」型になっています。
ベッドルーム自体の広さは変わらない気がしますが、アプローチとバスルームがスタイリッシュよりも広く、窓が2つある横長ベッドルームにも見えます。

07_25_top1.jpg
「ザ・プレジデンシャルタワーズ」のデラックスツイン・ヨーロピアンクラシックスタイル。
テレビは写真左上に写ってますね。

32型の液晶テレビは、ベッドルームのほぼ中央に置かれています。
ヨーロピアンクラシックのテイストを持つお部屋はテレビが家具に収められたタイプが多く、リッツカールトン大阪の様に他のホテルでも見られるスタイルなのですが、画面が隠れないようにテレビを引き出せる工夫もされている事が多いです。
しかし今回宿泊したお部屋ではテレビを引き出すことが、どうしても出来ませんでした。
そもそも、その様な作りがされていない様な気がするのです。

07_25_tv1.jpg
ベッドから見たテレビは普通に見れます。

テレビが引き出せる利点としてはお部屋のどの位置でも画面が見やすくなるためですが、引き出せないとこの様な問題が起こります。

07_25_tv2.jpg

ありゃりゃ。画面の3分の1が隠れてしまいますね。
お部屋の端にあるソファからテレビを眺めた写真です。
これでもソファからテレビが一番見やすいポジションですよ。
ちなみに、隣りに座ってみるとこんな感じです。

07_25_tv3.jpg

今度は画面の3分の2が隠れてしまいました。
ベッドの上から見る分には問題がないのですが、ベッド以外ではかなり厳しい感じがしますね。
もしかしたらテレビを引き出せるのかも知れませんが、EVA-CHINでは仕組みが分からなかったので万人向けの設計では無い事になります。
お部屋の構成や環境により、デラックスツイン・ヨーロピアンクラシック独特の問題なのかもしれません。
もし同じお部屋に宿泊したら、調べて意見を下さいね。(笑)

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガPTのデラックスツイン(クラシックタイプ) [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

リーガロイヤルホテルの特別フロアの一つ「ザ・プレジデンシャルタワーズ」。
プレジデンシャルタワーズは、「スタイリッシュ・ラグジュアリー」と「ヨーロピアン・クラシック」の異なるタイプで構成されたリーガロイヤルホテルの最高級エグゼクティブフロアです。
タワーウィングの23階と24階が「スタイリッシュ・ラグジュアリー」、25階~27階は「ヨーロピアン・クラシック」となっていますが、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では両フロアをご紹介しており、ご存知の方も多いと思います。
その中で今回ご紹介したいのは、「ヨーロピアン・クラシック」のデラックス・ツインのお部屋。
このお部屋の宿泊記は2003年9月と古かったのですが、2008年6月に同タイプのお部屋に宿泊したところ何点かの変更点がありました。
今回はデラックスツイン(クラシックタイプ)の、大きく変更していた点をご紹介したいと思います。

ベッドルーム
07_23_bed_old.jpg

こちらが旧タイプです。

07_23_bed_new.jpg

こちらが現在のスタイルです。
お部屋の形や広さは変わりませんが、一見してベッドが大きく変わっている事が分かりますね。
ベッドスローの色はリッツカールトン東京に似ていますね。

ソファ
07_23_sofa_old.jpg

こちらは旧タイプです。

07_23_sofa_new.jpg

こちらは現在のスタイルです。
色も形も大きく変わり、スタンドやソファデスク、絨毯も含めて全て変更されているのが分かりますね。


テレビ
07_23_tv_old.jpg

こちらは旧タイプです。ブラウン管タイプでした。

07_23_tv_new.jpg

こちらは現在のスタイルです。
パナソニック製32インチ液晶テレビになっています。

「ヨーロピアン・クラシック」のデラックスツインは約5年のブランクがあったので変更された年月は分からないのですが、一層、心地良いお部屋になっていると思います。
ただテレビに関して疑問に思った事があったのですが・・・・これは次回お話しましょう。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ザ・プレジデンシャルタワーズのバスアメニティ [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

前回、リーガロイヤルホテルの「ザ・プレジデンシャルタワーズ(以下リーガPT)」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ(以下リーガNC)」のサービスの違いを書きましたが、バスアメニティでも異なる点はある様です。
女性が宿泊する場合に限られると聞いた事があるのですが、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」に宿泊すると、他のホテルでは見る事が出来ない特別アメニティを頂く事ができます。

07_18_rihga_pt_ermes.jpg

どうですか?
オレンジ色のバックを見て分かる通り、エルメスのアメニティです。
アメニティは宿泊する度に変わるのですが、写真は「地中海の庭 パフューム・ド・ボディローション」と「地中海の庭 オードトワレ・ナチュラルスプレー」です。
エルメスのバッグだけでも嬉しいかも知れませんが、「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」には無い特別アメニティですよ。
ちなみに過去の写真を探ってみると、やはりエルメスのアメニティが写っていました。

07_18__rihga_pt_ermaes2.jpg
2004年10月に宿泊した際の写真です。
オレンジ色のバックがエルメスのアメニティで、中身は香水でした。

リーガPTもリーガNCもバスアメニティは豊富ですが、細かい点として次の様な違いがありました。
(但し半年のタイムラグがあるので、勘違いかも知れませんが・・・・)

07_18_rihga_nc.jpg
リーガNCのバスアメニティ(2008年1月撮影)

07_18_rihga_pt1.jpg
リーガPTのバスアメニティ(2008年6月撮影)
上の「リーガNC」と比較すると、入物が箱になっています。
構成している内容は「リーガPT」も「リーガNC」もエルメスを除いて殆ど変わらないのですが、ヘアリキッド・ヘアトニック・アフターシェービングローションがリーガPTの方で少し大きいサイズになっている様でした。

エルメスのアメニティがあるなんてご存知でしたでしょうか。
エルメスのバッグ付アメニティが欲しい方は、是非、プレジデンシャルタワーズに宿泊してくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ザ・プレジデンシャルタワーズのサービス [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

既にご紹介していますが、「リーガロイヤルホテル」には2つの特別フロアがあります。
その名も「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」。
共に「タワーズ」と付く為に2つのタワーがある様にも捕らえてしまいますが、正確には30階建のタワーウィングの中に2つの特別フロアを設けている形となっています。

タワーウィングの19階から22階がナチュラルコンフォートタワーズで、19階に専用のレセプションとラウンジを設け、同階に花フロア、20階に空フロア、21階に海フロア、22階に森フロアと本サイトと当ブログでご紹介した通りそれぞれフロアテーマを設けています。
23階から27階がプレジデンシャルタワーズとなっており、23階に専用のレセプション、ラウンジ、ライブラリーを設け、23階と24階を「スタイリッシュ・ラグジュアリー」、25階から27階を「ヨーロピアンクラシック」と大きく2つのデザインに分けられています。
先に誕生したのは「ザ・プレジデンシャルタワーズ」で、同じ特別フロアに見えますがカテゴリは「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」より格上に設定されています。
その為に様々なサービスの中で、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」だけに見られるサービスも見る事ができます。

チェックイン時にすぐ感じられるのは、レジカードのサインレスです。
初めての宿泊の際は必要になるかも知れませんが、リピートするとレジカードのサインをお願いされない事に驚かされます。
レジカードは宿泊者とホテル側の契約書みたいな気もするのですが、お客様に対する信頼度の大きさを感じ取れますね。
その為、座って名前を伝えればすぐにお部屋への案内となり、実にスムーズなチェックインです。
ちなみに、同じリーガロイヤルホテルでも「ナチュラルコンフォートタワーズ」はサインが必要ですよ。
これは過去に「プレジデンシャルタワーズ」に宿泊していても関係なく、サインが必要とされます。

次にお部屋に案内をされると、コンシェルジュがウェルカムドリンクを用意してくれます。
専用ラウンジがあるため遠慮する事が多かったのですが、先日の宿泊ではお願いしてみました。

07_15_top.jpg

ご覧の通り、クッキーも付けてくれましたよ。
ウェルカムドリンクは、やはり「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」には無いサービスです。
到着直後にお部屋で一息つきたい時は、嬉しいサービスですよね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガロイヤルホテルの「道頓堀今井」② [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

リーガロイヤルホテルの地下1階にあるEVA-CHINお気に入りのお店・「道頓堀今井」。
既に当ブログでご紹介していますが、「道頓堀今井」は関西では有名なお店で、ホテルではリーガロイヤルホテルの他にホテルニューオータニ大阪にもある「うどん(蕎麦もあります)」のお店です。
お店の名前の通り本店は道頓堀にあり、公式サイトによると心斎橋や梅田の大丸にもテイクアウトのお店がある様です。
ホテル内であっても値段はとてもリーズナブルで、リーガロイヤルホテルでは営業が11時から22時までと、とても気軽に利用する事が出来ます。

2008年2月15日のブログでは、「おぼろうどん (700円 税・サ別)」、「おろしうどん (900円 税・サ別)」、「かちん入り鴨うどん (1400円 税・サ別)」をご紹介しましたが、今回は新たに「山かけうどん (1100円 税・サ別)」をご紹介します。

07_11_top.jpg
山かけうどん (1100円 税・サ別)
どうですか、山かけうどん。
見た目も綺麗ですね。
山芋と黄身が絶妙な美味しさで、うどんの味も引き立ちますね。

念のため、今までご紹介したうどんも載せておきますね。

11527478.jpg
おぼろうどん

11527508.jpg
おろしうどん

11527578.jpg
かちん入り鴨うどん 

「道頓堀今井」は本当に良い味を出しますなぁ。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガロイヤルホテルで鶴屋八幡! [リーガロイヤルホテル]

高級ホテルのご予約は「一休.com」が承ります

リーガロイヤルホテルの「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」に宿泊すると、お部屋に用意されている鶴屋八幡の和菓子。
大阪が本店の鶴屋八幡は関西を中心としたデパートに入っている事もあり、関西地区の皆様はご存知の方が多いと思いますが、「リーガロイヤルホテル」の地下1階にも鶴屋八幡が入っています。
創業は1863年で、その伝統は約300年前の元禄時代まで遡る和菓子の名店でもあるのです。
「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の客室では、菱形をした箱にウェルカムとして、その鶴屋八幡の和菓子が用意されているのです。

2008年1月の宿泊では「百楽」と呼ばれる粒餡の最中を美味しく頂き、本サイトの「EVA-CHIN HOMEPAGE」の宿泊記でご紹介しました。
「百楽」は、厳選された備中大納言小豆をじっくりと丹念に炊き上げた「粒あん入りのもなか」です

07_08_top1.jpg
「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」のスイートで、ベッドを背景に「百楽」を撮影。
ちなみにこの写真は、「今週の壁紙 Vol.325」として公開しています。
最中を丸い形にして、こし餡入りにした「有磯」もあります。

そして6月に「ザ・プレジデンシャルタワーズ」へ宿泊したのですが、今度はこちらを頂きました。

07_08_top2.jpg

一目で分かる形とボリューム。そうです、どら焼きです。
鶴屋八幡での商品名は「舞鶴」。
じっくりと炊き上げた丹波大納言小豆を、ふっくらと香ばしく焼きあげた皮で包んだそうです。

07_08_top3.jpg
「百楽」と同じ様に、ベッドを背景にして撮影してみました(笑)。

鶴屋八幡では「百楽」、「舞鶴」を1個189円。「有磯」を1個168円で販売しています。
通信販売もしているので、この機会にご賞味されてみては如何でしょうか。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リーガロイヤルホテルの「The ROYAL 7・8月号」 [リーガロイヤルホテル]

「リーガロイヤルホテル」・すぐ泊まりたくなる宿泊プラン

早いもので前回ご紹介した「The ROYAL」から2ヶ月が経ち、7・8号が送られてきたのでご紹介します。

06_27_top1.jpg

先ずは表紙ですが、何処の写真か分からなかった方も多いのではないでしょうか。
EVA-CHINもその中の一人だったのですが、2008年5月2日にオープンした「リバーサイドテラス」だそうです。
「リバーサイドテラス」は、堂島川に面した朝日放送新社屋敷地内にオープンしたリゾートテラス。
高さ6メートルを超えるガラス張りで、堂島川を望める絶好のロケーションだそうです。
ロイヤルホテルがプロデュースした料理が用意され、営業はランチ&カフェが11:30~16:00、バーが17:30~23:00、日曜定休となっています。
今回の「The ROYAL」では、「リバーサイドテラス」のご紹介の他に・・・

・リーガロイヤルホテル堺を起点に、「歴史薫る堺・旧市街の見どころ、遊びどころをゆるりゆく」。
・メリッサからの贈り物、「メリッサの夏、到来」
・夏の特選メニューフェア

などが紹介されております。

・リーガロイヤルホテル・「メリッサからのサマーギフト」

06_27_top2.jpg

も入っている他、

・2008「夏のギフト」

06_27_top3.jpg

として、ワインショップ「La CAVE de RIHGA (ラ・カーヴ・ド・リーガ」)」の情報も入っておりました。
リーガロイヤルホテルの情報誌「The ROYAL」を読んで、リーガロイヤルホテルの気分を楽しんでくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル」の空室検索・ご予約はこちらです。

ホテルの味をご家庭で楽しめるお取り寄せグルメ。

リーガロイヤルホテル ・ グルメストアはこちらです。

また、本サイトである「EVA-CHIN HOMEPAGE」では高級ホテルの宿泊記を公開しています。詳しくは・・・

EVA-CHIN HOMEPAGE <高級ホテル宿泊記と壁紙写真集>



をご覧くださいね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 リーガロイヤルホテル ブログトップ